「上江の緑豆」について

甘み、うまみ、すべてが違うブランド豆「上江の緑豆」。

福井県坂井地区に代々伝わり、希少な在来種でもある「上江の緑豆」。
全国で唯一、この豆の栽培を行っているのは私たち上江ファームです。
そのおいしさに惹かれた私たちは、ブランド豆として大切に育てたいという思いで
旧地名の「上江(うあえ)」を入れた「上江の緑豆」と名づけて商標登録を行いました。
一般的な大豆に比べて、甘みもうまみも濃厚。
圧倒的な味の違いに感動すら覚えるほどです。
このおいしさと魅力を、ひとりでも多くの方に知っていただきたいと願っています。

  1. 片手いっぱいの種豆。全てはここから始った。

    ある夏の日、近所のおばあさんから「美味しいから…」と届けられた青大豆。
    食べてみると、口いっぱいに広がっていく強い甘みとうまみ。
    「今まで食べたことのない味だ。」と感動を覚えました。
    ぜひ栽培したいとおばあさんに尋ねたところ、小さな茶筒から差し出されたのは片手一杯の種豆。
    以来、種を取りながら少しずつ作付けを増やしてきました。
    もちろん苦労もありましたが、何事も石の上にも三年。
    いまでは「上江の緑豆」を使った加工食品を作ることも可能となりました。

  2. 収穫量よりこだわりたいのは質。

    「上江の緑豆」の栽培における悩みのひとつが、収穫量です。
    通常、一般的な大豆畑では10アール当たり90㎏ぐらいの量が見込めますが
    上江の緑豆は2/3ほどしかありません。
    その理由は、より美味しくするために一度あられ当てた後に収獲を行うから。
    ここ、福井県坂井市では毎年12月はじめよりあられが降ります。
    実があられに当たることで、ぽろりと枝から落ちやすくなりますが、
    寒さに当てることで身が締まり、甘みがぐっと増すというメリットも。
    収量は減りますが、それを上回る「美味しくなる」魅力があります。

  3. 美味しく丁寧に育てる、それが作物への感謝のしるし。

    おいしい豆が収穫できたときにいつも思うこと。
    それは、「ここまで育ってくれて本当にありがとう」という感謝の気持ちです。
    とはいえ、作物にお礼を言っても通じる話でもありません。
    だから、作物にできるだけ付加価値をつけてあげたい、
    それが感謝の思いにつながると思っています。
    「美味しさ」という付加価値を付けることで
    「上江の緑豆」の良さを知ってくれる人に、大切に味わってもらえたら
    これが私たちなりの、作物への“感謝のしるし”です。

  4. お客様のために良いものを作り続けたい。

    丹精込めて育てた「上江の緑豆」を、ひとりでも多くの人に知ってもらえたら…。
    そんな思いから、「青豆豆乳」や「青豆豆腐」、「青豆生厚揚げ」といった商品が生まれました。
    私たちが丁寧に育て上げた豆を使っているため、どれも濃厚なうまみと甘みが生きた仕上がりが特徴。
    一般のお客さまはもちろん、料亭やレストランの料理人など、
    食のプロと呼ばれる方々まで、幅広くご好評をいただいております。
    「美味しかった」、そんな一言をお客様からいただける為に、
    魅力ある商品を作っていきたいと考えています。